投稿

抗がん剤(メルファラン/アルケラン)投与2日目 : 筋炎生活

イメージ
とりあえずオワター

---
[2017年10月16日の記録]
今日は8時から寝たきり想定での食事動作のリハビリがあったので、
スタートが物凄く早かったでござる。
・ 採血
・ OT/PT(自室)
・ 入浴
ざっくりまとめるとこんな感じ。

---
[今日のネタ]
白血球を叩こう二日目でございます。
抗がん剤(メルファラン/アルケラン)の力を使って白血球を壊して0にしてやろうって魂胆です。
※心臓のトラブルがあったこともあり、薬の心臓への負担も高いことから今回の治療については通常の治療の9割の量の投薬となっております。

口に氷を含むのはやっぱりキツイ…
ってことで部屋の温度30度にしてもらいましたが、それでも寒いものは寒いのよ(涙)
あ、そんな感じで投薬自体は全くストレスなく終わりました。

明日いよいよ幹細胞移植本番でござる!

こんな感じでしょうか…


膠原病ランキング

にほんブログ村

抗がん剤(メルファラン/アルケラン)投与初日 : 筋炎生活

イメージ
やっとハジマターww

---
[2017年10月16日の記録]
9時位から2時間足らずの間に…
・ 採血
・ OT/PT(自室)
・ 尿カテ導入
バタバタとやっていった感じですが、いつものことなので特に気にせず。
今日から治療が始まるっていう期待が大きくてね

---
[今日のネタ]
いよいよ白血球を叩きに行く日の初日がやってきました。
抗がん剤(メルファラン/アルケラン)の力を使って白血球を壊して0にしてやろうって魂胆です。
※心臓のトラブルがあったこともあり、薬の心臓への負担も高いことから今回の治療については通常の治療の9割の量の投薬となっております。

メルファラン(アルケラン)投薬の前から投薬中にかけて副作用対策で口に氷を含み続けるっていう作業がありましてね…すっげぇ身体冷え切ったよ(マジ)
メルファラン投薬中は口の中が冷たくて正直点滴落としてるのすら忘れてた。そんなこともあって投薬中はエンドキサンの方が(自分は)ダメージでかかったよ — べ (@benzo3_hyper_v) 2017年10月16日
過去に経験のある抗がん剤としてはエンドキサンがありましたが、エンドキサンは投薬中にも結構やられましたがメルファラン(アルケラン)は全くノーダメージでした。ワタクシ個人的な感想なので参考までに。

後はちょっと残念な話でいうと、体重が若干増加したとのことで利尿剤が処方されました。点滴で流すだけなのであっという間に終了。自室に車いすのまま乗る体重計が設置され1日2回測定が義務付けられたのですがそこで発覚した模様。

原因としては、点滴並びにひたすら口に含んでた氷の影響が考えられるとのこと。
尿カテ導入してなかったら非常に大変なことになってましたが、尿カテ導入したので心配しなくていいって精神衛生上とってもよろしいわよねー。

こんな感じでしょうか…


膠原病ランキング

にほんブログ村

治療開始前夜だから治療の流れでも書いておく : 筋炎生活

イメージ
いよいよ明日から治療が始まります…の前に
秋のG1今のところ連勝中…収支は数百円のプラスレベルなのですぐマイナスに転落しそうだけどなんとかしのいでいきたいと思います。

---
[2017年10月15日の記録]
・ 身体拭きとか
→ 昨日同様清潔にしましょうってことでキレイにしてもらいました。

後は普段の週末のように某SNSで適当なこと呟いたり、お馬ちゃんの予想してみたり作業してみたりって感じ。特に変わったことはなかったです←昨日のコピペww

---
[今日のネタ]
明日から治療が始まります。
流れとしては…
10/16: 抗がん剤(メルファラン/アルケラン) 投与
10/17: 抗がん剤(メルファラン/アルケラン) 投与
10/18: 自家造血幹細胞移植
10/19: 後は待つだけーww
となっております。

3日ともそれぞれさほど時間かからず終わるものらしいんですが、結局はそのあとが勝負みたいです。待つだけフェーズで白血球が0になるのでそこで感染症等トラブルが予想されるので大人しくして乗り切りたいとこっすね。

抗がん剤自体は免疫抑制剤としてエンドキサンの経験はあるんですが、副作用等のしんどさは今回利用するメルファラン(アルケラン)の方がキツいらしいっす。
そしてこちら御覧下さい。
明日、明後日と治療で使う抗がん剤(メルファラン)の副作用の説明を聞いてたところ、化学反応式的には二日酔いの症状みたいなのが出るとのことで合法的に飲んでやっちまった気分が味わえるとわかり俄然やる気が出てきたw — べ (@benzo3_hyper_v) 2017年10月15日
ってことらしくって、どうなることかと思ったけどイメージできるダメージが二日酔いだったら大したことねーなと思えてきた次第ww
とはいえ、エンドキサンも1,2回目はやられたからなぁ…油断しないでおこうと思います。

それと副作用等で色々排便などでトラブルが発生する可能性が高いってことで、家人に頼んでおむつ準備してもらったり浴衣レンタルするための手続きしてもらい準備しました。一人で動くことがこの手の手続きや出費は防げるんだけどねぇ…仕方ない。

10月末までには無事に生着させて医師からOKもらってワンフロア下に降りて悪事の限りをつくしたいと思いますww

こんな感じでしょうか…


膠原病ランキング

にほんブログ村

車いすについて思うことをちょっとだけ : 筋炎生活

イメージ
この身体である以上仕方ないのよね…

---
[2017年10月14日の記録]
・ 身体拭きとか
→ 無菌室にいる関係上とにかく清潔にしてないとダメってことでやってもらってます。

後は普段の週末のように某SNSで適当なこと呟いたり、お馬ちゃんの予想してみたり作業してみたりって感じ。特に変わったことはなかったです。

---
[今日のネタ]
最近書いてなかったので、今の身体の状態をメモしておくと…
首: 背もたれないと一人で起こせない
肩: 亜脱臼が更に進行してちょっとでも動かすと外れる
腕: 亜脱臼の影響で肘から先しか動かない
足: 膝からつま先に向けた部分しか動かない
ケツ: 右足付け根からケツにかけて褥瘡ができててこれが擦れると物凄く痛い。この2年間の闘病生活においては痛みと言ったらこれに勝るものに出会ってません。
と言ったところ。

ステロイドパルスとグロブリンの影響で1か月半程安静度が上がってしまった関係で運動量は若干落ちてるけど、環境を整備してるレンタルオフィスではそんなに困らないかな。

むしろ自分が整備してない部分でトラブルがよくあるけど、それはコミュニケーション不足の問題なのでそれは今後改善されていくでしょ。

で、今日はというと
トイレ(大)を済ませた後で車いすに戻る際、移乗ミスで褥瘡部分が擦れて大事件になりました…ちなみに先週の土曜も移乗ミスで褥瘡部分が出血して大事件になってたけど、土曜呪われてるのか?(汗)

自力で立ち上がれないからどうしても介助が必要なんだけど、車いすに移乗するためにはある程度高さが必要なのよね。今回は持ち上げてもらった後の高さ不足のまま移乗してしまって車いすに敷いていたクッションがめくれてしまったことに起因するトラブルでした。

自分の車いすは自力移乗できるように肘掛けを動かすことができるけど、病院にある車いすとかだとそんな機構ついてないから介助する人の介助量が物凄いことになると思うのです。ひじ掛けをまたぐか動けない人間を無理やり立たせてターンさせるって介助する方もされる方も滅茶苦茶キツいもん。

そんなこともあり、車いす生活を余儀なくされた場合は多少高くても自分の身体のサイズと身体機能にあった車いすを導入することが非常に重要かと。
当然購入に際してはソーシャルワーカーさんや作業療法士の先生と協議の上…って話になると思うけど、自分だけで…

嚥下障害からの食生活について思うことをちょっとだけ : 筋炎生活

イメージ
やはり身体を動かすっていいよね!

---
[2017年10月13日の記録]
・ 転院後初の入浴
→ ドーム型シャワーって言えばいいのかな?食洗器とか洗車機みたいな感じでシャワーが全方位から来るタイプで初体験でした。
・ OT/PT
→ 1週間ぶりのご無沙汰位のテンションでやってきました。転院前よりも左手、左足の動作がよくなってると嬉しい評価いただきました。
・ 採血
→これはルーチンイベントか。

---
[今日のネタ]
最初にこちらをご覧くださいww
今一番欲しいもの、それは塩分 — べ (@benzo3_hyper_v) 2017年10月13日
減塩嚥下食でもいいの。いいんだけど、もうちょっと塩気欲しいよね
よく「『あそこの病院の食事はマズい』っていう人の話は真に受けない方がいい」って人には言ってますが、今ならマズいって言える気がするもん(ヲイ)

単純に塩分なくて物足りなくてその結果マズいって思考になるんだと思うのよ。
実際今その状態になってるし…とりあえず何でもかんでもペーストにすればいいってのは止めましょう(切実)

あ、でもこの食生活にもちゃんとメリットがあって、
・ 採血の結果はすこぶる良好になる
・ すごーく繊細な味って言われる料理出されてもその味がわかる
・ ガッツリ系って言われてるもの食べたら本当に力付くの実感できる
が挙げられるかしら。まずは減塩食生活を2週間程いかがですか?w

こんな感じでしょうか…


膠原病ランキング

にほんブログ村

首にカテーテル導入 ∩ ICありました : 筋炎生活

イメージ
論理演算子はお好きですか?(ヲイ)

---
[2017年10月12日の記録]
今日は慌ただしかった…

午前の部
1: スパイロメーター検査
→ 前回の記録を更新しかなりテンション上げる

2: 神経内科による筋力評価
→ 前回の記録を下回り納得の手応え。
そりゃ動いてねーんだもん、筋力低下するわww

3: リハビリ科による筋力評価
→ 同上wwちなみに握力に関しては
右: 11
左: 7
とガタガタな結果だったけど、想定内。
去年の今頃と変わらないんじゃないかな?

ちなみにこれが1時間半程で全て執り行われるバタバタっぷり。
自称”プロ”入院患者のワタクシだから良かったものの、初心者だったら泣きか愚痴が出てるはず。

午後の部
1: 神経内科による筋力評価
→ 午前中は座位での評価。午後はベッド上での評価実施。
これもまぁ想定内の低下っぷりだけど、全然キニシナーイ。

2: IC
→ 次週行われる治療についての最終確認。
治療を受ける本人以外の家族のサインが必要なので親に来てもらって同席してもらう。

主治医から治療による死のリスクの説明を受けて今回も親号泣。
一般の方が5%だとすると自分の場合3,4倍危険性マシマシって説明受ければその反応にもなりますわね。
昨日家人も主治医から同様の説明を受けて若干やられてたけどそうなるのが普通の反応。

自分自身はその辺ノリノリで治療してく気かつ、治療方法が現時点では1つしかないのでリスクとか考えることもなく同意書にサイン済。得意のめくら判炸裂ともいいますな(ヲイ)

3: 首にカテーテル導入
→ 次週行われる治療で使用するため導入。
入れるのに痛みはさほどなかったし、前回やった鼠径部のカテーテルよりは楽。
ただ違和感ありありなので慣れるまでが大変かな?

その他にも細々としたことは多々ありましたが、身体拭きとかその手の話なので気になる人は聞いて下さい。幾らでも暑苦しくお答えしますww

こんな感じでしょうか…


膠原病ランキング

にほんブログ村

無菌室に入りました : 筋炎生活

イメージ
とりあえず転院完了しました。

---
[2017年10月11日の記録]
10時に転院先のフロア受付すべしと病院から電話をもらっていたこともあり、8時半にリハビリクリニックにタクシーを手配してたんだけど待てど暮らせど来ない…ってことで恐る恐る連絡したところ明日と間違えてたとのことw

うん、いいよいいよ。
常に何かイベントが発生してそれを乗り越えて成長してくの嫌いじゃないよw
その後介護タクシーの方がマッハで来てくれて首都高すっ飛ばして転院先の病院へ

入院手続きに時間かかったけど、何とかフロアへは午前中に到着。
10/5までは神経内科でしたが、今回は血液内科にお世話になるので同じ病院でもフロアが変わりかつ無菌室に入居。

今回のテーマは
自作自演の幹細胞移植(正確には自家造血幹細胞移植)なので血液内科にお世話になるわけですが、勝手違い過ぎるのでびっくりよ…

そして午後は
・ 心臓エコー
・ 心電図測定
・ レントゲン撮影
・ 褥瘡撮影
・ 筋力評価
・ 血液内科での主治医から家人への幹細胞移植のリスクの説明
と結構色々短時間でぶっこまれてましたがそこは自称”プロ入院患者”さらーっとこなしてやりましたよ。

そしてお仕事環境も無事に設営しましてね…
ドクターストップかからない間は普通にお仕事しますよ。

一応主治医にお願いしたので、明日・明後日の両日はOT/PTもできそうなので身体なまらなくて済みそうです。
今日の心臓周りの検査に以上が無ければ、来週月曜から色々始まるみたいなのでとても楽しみであります。

こんな感じでしょうか…


膠原病ランキング

にほんブログ村

にほんブログ村ランキング